組合の構成

組合の現状

協同組合岡山県鉄構工業会は、組合員の相互扶助にもとずき、組合員のために必要な共同事業を行うことにより、それぞれの経済活動の促進と社会的地位の向上を目的とし、昭和46年に設立されました。

我々組合加入のファブリケーターは、建築物の安全性確保と高度の品質を備えた鉄骨鋼構造物の供給により、社会的ニーズに応えるべく懸命に努力しているところであります。

協同組合岡山県鉄構工業会は、全国鐵構工業協会の正会員であり、これらは一体となって人的資質の向上についても絶え間ざる努力を重ねています。

例えば、我々組織の中で厳正な基準により個々の技術的な評価、管理能力等の判定を行いながら、鉄骨製作管理技術者、建築鉄骨製品検査技術者、建築鉄骨超音波検査技術者などの認定制度も実施しています。

また、我々はお得意さま各位に対し、真に自信の持てる製品をお届けするために、見積もり内容を一元化し、明快かつ明瞭なご説明をするために全国的に統一した「見積・積算マニュアル」を使用しております。

このことは、翻って見たときに業界にとっても見積もり事務の簡素化と、人件費の削減を通じて顧客サービスの向上にも寄与することと考えております。

なお、その他岡山県鉄構工業会傘下ファブリケーターの実態と、この業界が意図しております建築物の安全性の確保と、高度の品質を提供するための態勢は、今回作成の工業会ホームページに概略の記載をしております。


協同組合岡山県鉄構工業会
私共岡山県鉄構工業会では中小企業人材確保推進事業を行い、雇用環境の改善、採用活動の改善に取り組んでいます。